成功する飲食店の店舗デザインを生み出すには経験を積み重ねることが大事

5年前に手掛けた京都の懐石料理店

5年前に手掛けた京都の懐石料理店を実例に挙げると、この店では「湯豆腐」が看板メニューだと知らされたので実際に料理をいただきました。
京都らしい昆布出汁で煮込まれた木綿豆腐は優しい舌触りで、薄口醤油と良くマッチした料理でした。
この料理を食べて得たインスピレーションは白・温もりの2つで、これを店舗デザインに盛り込んでいます。
まず外観は漆喰塗りの白い外壁、内装には白い綿壁を用いて温もりを表現しています。
そして湯豆腐を味わいやすいように、各客席に囲炉裏を設けることを提案しましたが、これは料理店オーナーにとっては画期的なアイデアだと褒めてただけたほどです。
京都の町家に合うデザインとなって完成した懐石料理店は、オープン初日から大勢の人々が訪れて今も大盛況の人気店となりました。
幸いにも私が手掛けた店舗デザインを高く評価なさる方々も多く、我ながら成功した飲食店のデザインだったと自画自賛しいいるほどです。
飲食店の中には多国籍料理や、さまざまな料理を提供するレストランや食堂もあります。
この場合、先に述べた懐石料理店のように看板メニューが定まっていないのが特徴でしょう。

提供される料理の味をデザインに生かしたい5年前に手掛けた京都の懐石料理店店舗デザインのコンセプトをどこから見つければ良いのか